食中毒や病気を予防するためには検便検査が効果的

DOCTOR-SOS

検便検査は何故するのか

集団感染や食中毒の集団感染は、衛生環境が整えられている現在でもたまに聞きます。このようなことを予防するために検便検査を行ないます。なぜなら、下痢や嘔吐などの症状が全く見られない健康そうな方でも、体内には腸管出血性大腸菌O-157やノロウィルスなどの食中毒を起す危険性のある菌を持っている可能性は大いにありえるのです。

医療に関するおすすめ記事

病院

聴神経腫瘍とはどんな症状があるのか知ろう

耳に出来る聴神経腫瘍は、時間と共に大きくなり耳の中にある様々な神経の働きを邪魔する恐れがあります。この記事では症状の例や対処法を紹介しているので確認しましょう。

READ MORE
患者と付添人

内科と外科の違いを理解して上手く使い分けよう

大人がかかる病気の多くが内科で診療や治療を行ないます。なので、都筑区の病院の診療科目の中でもダントツに患者数が多くなっているという特徴があるのです。しかし、利用していても内科とはどんなところなのかを把握している人は少ないでしょう。ですから、ここで内科とはどういうところなのかを知っておくといいです。

READ MORE
病院

注目の治療法!免疫細胞療法のことを知ろう

免疫細胞療法という治療はご存知でしょうか。がんの新しい治療法として注目されていて、自分の細胞を使用するため治療を開始した時に拒否反応が出るリスクが少なくなるのです。そのため、抗がん剤の投薬で重い副作用に悩んでいる方には、おすすめの治療法でしょう。

READ MORE

食中毒を予防する目的

検便検査により、大便の中に食中毒になる危険性のある細菌が含まれていないかを確認することが出来ます。この確認は食品衛生法の規定により義務付けられているので、飲食店で勤務されている方や、水道関連事業に従事している方、保育園に従事している方などは定期的に受けることが決められています。もし、検査して食中毒になる危険性のある菌が見つかった場合は、規定に沿った対処を行ないます。

検便検査を行う目的や検査のやり方について

男女

検査項目と菌が見つかった時の対処

検便検査では、赤痢やサルモネラ、腸管出血性大腸菌(O-157など)たくさんの検査項目があります。しかし、管軸の保健所や会社などにより検査項目がバラバラなので、事前にどの検査項目を受けるのかを確認しましょう。そして、検査を受けますが、検便検査により菌を持っている状態が疑われた場合には行なった施設から連絡や通達が入ります。そして、すぐに医療機関へ行き医師の詳しい診察を受けることになります。診察を受け、治療が完了したら、従事現場へ戻ることができるでしょう。異常が見つかったときは、怖いですが、病気の早期発見にも繋がる大切な検査ですので、自分や周りのためにも受けていきましょう。

検査で分かる病気の可能性

病気の発見には、検査は必要不可欠です。ストレス社会と言われる現代では、不眠やうつなどの病気を抱えている人も多く、自分で睡眠薬を通販で買ったり、医師の処方を受けていたりと睡眠薬なしでは寝られない人も少なくありません。しかし、このような症状を放置しておくのは非常に危険です。ストレスをため込むと不眠だけでなく、臓器など体のあちこちに病気が発生してしまうのです。そのため、気づかないうちに進行していることも考えられます。そういったことを防ぐためにストレスの発散も大切ですが、定期的に検査を受けることも忘れてはなりません。上記でも説明した「検便検査」ではストレスの影響を受けやすい大腸の状態をチェックでき、大腸炎やがんの症状を見逃しません。また、もし血便や便の状態に不安があるなら積極的に受けておきましょう。検便検査は、食中毒や感染症予防以外にも大切な役割を持っています。

広告募集中